貯金のコツと貯金の仕方を覚えて賢く貯める!

貯金とはお金を貯めること、何をするにもお金が必要ですが、やはり日頃の貯金が大切です。
そんなことは分かっているけどなかなか貯金できない人も多いのではないでしょうか。

またちょっと貯金ができるようになってせっかくお金が貯まっても、あるとつい使ってしまって結局貯まらないというケースもよくあります。
貯金ができないと言っても、簡単な話入ってくるお金(収入)と出ていくお金が(支出)のバランスが取れていれば貯金はできます。
それができないから困っているんだという声が聞こえてきそうですが、「貯金そのものが不可能な状態なのか?」
「貯金ができる状態にあるのに貯まらないのか?」さて、どちらでしょうか。

貯金そのものが物理的に不可能ということは、収入よりも支出が多い(もしくはイコール)ということです。
この場合、貯金のコツを語る以前に支出が多い原因の根本を何とかしなければなりません。
住宅ローンなどがある人なら、住宅ローンの組み方に問題がなかったのか、たまたま子どもの教育費がかかる時期で
貯金したくてもできないのか、はたまた単に無駄遣いが多いのかなど理由は人それぞれだと思います。
いずれにしても貯金のコツ以前に家計の見直しをきっちり行なうことが第一歩です。

次に貯金ができる状態にあるのに貯まらない人の場合です。

貯金ができる状態にあればとっくに貯金できていると言われそうですが、お金があるとつい使ってしまうために
結局貯金できないことは多いです。もちろんこういう人の場合も最初に家計の見直しが必要なのはもちろんです。

いずれにしても貯金ができていないのには必ず何か訳があります。
この原因を把握できていて対処もできているのなら問題ありませんが、そうでなければまずは根本的な原因を知ることが必要です。
スマホにかかる料金が多い、外食が多い、車は2台いらないのではなど、貯金をするには無駄を減らすことが大切です。
こうしたものに無駄があるなら、もちろん減らした方がいいのですが、最初にすべきは「使途不明金」の把握、
そしてこれを無くすことです。使途不明金とは何に使ったのか分からないお金です。

ある程度家計が把握できている人は心配ありませんが、家計がどんぶり勘定の人は月3万円程度の
使途不明金があっても決して珍しくありません。これだと年間36万、10年で360万です。
「手取収入-家計の支出+貯蓄額」、ものすごく簡単に話すと上記の計算で使途不明金が把握できます。
手取りから支出を引いて、残りがすべて貯金できていたら理屈上は上記の計算結果はゼロになります。
家計が把握できていないと思うなら、まずはここから始めて下さい。
何に使っているか分からないお金があるのに貯金が増えていくはずがありません。

ダイエットしたらリバウンドしたという経験のある人は多いと思います。
要は始めてみたけれど続かなかった、元に戻ってしまったというようなものです。
貯金を始めること自体は難しいわけではありませんが、続けないと意味がありません。
そのために貯金を習慣にすることがもう一つのコツです。
習慣にするということは貯金するのが当たり前になるということです。
毎朝顔を洗って歯を磨くことを「今日はイヤだな」と思う人はあまりいないはずです。
これは顔を洗って歯を磨くのは習慣化されていて当たり前のことだからです。これは貯金も同じです。
できれば貯金したお金を色分けして目的を明確にして下さい。何のために貯金するのか。
子供が10年後に大学に入学するからそのときに○○万円必要。だから今から○○円の貯金がいるとか目標があれば貯金も
張り合いがでますし貯めやすくなります。もちろん「ゼロではまずいから、貯金しないと」という感覚でいる人も実際は多いと思います。
そういう場合はまずは目標金額を決めて少しずつ貯金していきましょう。まずは30万円とか50万円とかでもいいので、
目標を決めてそれを達成するようにしてみて下さい。貯金したお金が使いやすい状態にあるのもよくありません。
ちょっと手の届くところにお金があると積立でも使ってしまう人はいるでしょう。気軽にお金が引き出せない状態にしておくことも、
貯金を継続して続けるコツの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です