貯金のコツと貯金の仕方を覚えて賢く貯める!

貯金とはお金を貯めること、何をするにもお金が必要ですが、やはり日頃の貯金が大切です。
そんなことは分かっているけどなかなか貯金できない人も多いのではないでしょうか。

またちょっと貯金ができるようになってせっかくお金が貯まっても、あるとつい使ってしまって結局貯まらないというケースもよくあります。
貯金ができないと言っても、簡単な話入ってくるお金(収入)と出ていくお金が(支出)のバランスが取れていれば貯金はできます。
それができないから困っているんだという声が聞こえてきそうですが、「貯金そのものが不可能な状態なのか?」
「貯金ができる状態にあるのに貯まらないのか?」さて、どちらでしょうか。

貯金そのものが物理的に不可能ということは、収入よりも支出が多い(もしくはイコール)ということです。
この場合、貯金のコツを語る以前に支出が多い原因の根本を何とかしなければなりません。
住宅ローンなどがある人なら、住宅ローンの組み方に問題がなかったのか、たまたま子どもの教育費がかかる時期で
貯金したくてもできないのか、はたまた単に無駄遣いが多いのかなど理由は人それぞれだと思います。
いずれにしても貯金のコツ以前に家計の見直しをきっちり行なうことが第一歩です。

次に貯金ができる状態にあるのに貯まらない人の場合です。

貯金ができる状態にあればとっくに貯金できていると言われそうですが、お金があるとつい使ってしまうために
結局貯金できないことは多いです。もちろんこういう人の場合も最初に家計の見直しが必要なのはもちろんです。

いずれにしても貯金ができていないのには必ず何か訳があります。
この原因を把握できていて対処もできているのなら問題ありませんが、そうでなければまずは根本的な原因を知ることが必要です。
スマホにかかる料金が多い、外食が多い、車は2台いらないのではなど、貯金をするには無駄を減らすことが大切です。
こうしたものに無駄があるなら、もちろん減らした方がいいのですが、最初にすべきは「使途不明金」の把握、
そしてこれを無くすことです。使途不明金とは何に使ったのか分からないお金です。

ある程度家計が把握できている人は心配ありませんが、家計がどんぶり勘定の人は月3万円程度の
使途不明金があっても決して珍しくありません。これだと年間36万、10年で360万です。
「手取収入-家計の支出+貯蓄額」、ものすごく簡単に話すと上記の計算で使途不明金が把握できます。
手取りから支出を引いて、残りがすべて貯金できていたら理屈上は上記の計算結果はゼロになります。
家計が把握できていないと思うなら、まずはここから始めて下さい。
何に使っているか分からないお金があるのに貯金が増えていくはずがありません。

ダイエットしたらリバウンドしたという経験のある人は多いと思います。
要は始めてみたけれど続かなかった、元に戻ってしまったというようなものです。
貯金を始めること自体は難しいわけではありませんが、続けないと意味がありません。
そのために貯金を習慣にすることがもう一つのコツです。
習慣にするということは貯金するのが当たり前になるということです。
毎朝顔を洗って歯を磨くことを「今日はイヤだな」と思う人はあまりいないはずです。
これは顔を洗って歯を磨くのは習慣化されていて当たり前のことだからです。これは貯金も同じです。
できれば貯金したお金を色分けして目的を明確にして下さい。何のために貯金するのか。
子供が10年後に大学に入学するからそのときに○○万円必要。だから今から○○円の貯金がいるとか目標があれば貯金も
張り合いがでますし貯めやすくなります。もちろん「ゼロではまずいから、貯金しないと」という感覚でいる人も実際は多いと思います。
そういう場合はまずは目標金額を決めて少しずつ貯金していきましょう。まずは30万円とか50万円とかでもいいので、
目標を決めてそれを達成するようにしてみて下さい。貯金したお金が使いやすい状態にあるのもよくありません。
ちょっと手の届くところにお金があると積立でも使ってしまう人はいるでしょう。気軽にお金が引き出せない状態にしておくことも、
貯金を継続して続けるコツの一つです。

貯金の仕方を工夫した主婦の節約術

素敵な旦那さんを持つ主婦の皆さんは、いったいどうやって貯金をしているのでしょう。
家計のやりくりをしていると頭が痛くなってきます。所得が低めの旦那さんを持つ主婦の方は、節約しつつ家計をやりくりしなければ大変です。

でも、「どんな節約方法があるのだろう」、「どうすればうまく貯蓄できるだろう」と思っているそんな
主婦の皆さんに無理のない賢い節約術を教えます。季節やその年によって服や美容は変わっていきます。
テレビや雑誌でも多く取り扱われるため、中には魅力的な商品にそそられることもあり、「思い切って買ってしまおう」と

消費してしまうことがあると思います。ですが、“同じ服を着てはいけない”というルールはありませんし、
同じ服を着まわすことだって悪いことではありません。

あのスティーブ・ジョブズや、Facebook創始者のマーク・ザッカーバーグや、アメリカ大統領のバラク・オバマも同じ服を着ています。
つまり、服を買ったり、美容をしたりと、本当に自分にとって必要なものなのかどうかを見極めて、無駄のない賢い買い物をしましょう。
「シンプルライフ」を実践することが大切です。食費と光熱費は家計をやりくりするうえで避けて通れない費用です。
これらの浪費が激しいと節約どころではなくなってしまいます。
食費についてはあらかじめ予算を決めておいて、その中でやりくりをして下さい。

予算を決めずに買い物をすると無駄が出てしまいます。予算を5000円に決めておいて買い物したり、
「お得なクーポン券で外食」など使ってみたり、夕方のスーパーで割引商品を買ったりと、工夫をしてみてはいかがでしょうか。
光熱費の節約の仕方は、細目にすることが節約につながります。

たとえば、電気をつけっぱなしにしない、電源コードを抜く、お風呂のお湯を使って洗濯機で洗濯するなどが一般的です。
また、これだけにとどまらず、電気の契約方法、節約グッズを購入するなど、継続的に節約できる方法がいくらでも
あるので実践あるのみです。上手で賢い貯金の仕方を学べたことでしょう。
見方や方法を変えるだけで有効に活用できます。節約術や貯金の仕方を変えるだけで、貯金額が増えます。

どれもすぐにできるものばかりですし、お金に対しての見方も変わったことでしょう。
そして、一つ一つの取り組みが上手で賢い貯金ができる方法ばかりですから家事や育児で忙しい主婦の皆さんでも簡単にできます。
旦那さんと家計を支えている主婦の皆さん、是非これらの節約術、貯金の仕方をしてみて下さい。

夫婦ともセレブにみられていますが実はセコイのです

現在、40代で20代に新築で建てた一戸建ての家のローンはすでに完済しています。

家族での旅行も毎年海外旅行1回、北海道や沖縄への旅行も最低1回はいっています。車も外国の車を2台所有しています。
今年、子供が私立大学に合格し母である私は、時間を持て余してしまう為扶養内でパートを始めました。

それまでは専業主婦としてずっと家事と子育てをしてきました。
これだけ聞くと夫の収入がとてつもないものだと思われると思います。でも
、私たち夫婦は普段とてもセコセコな夫婦なのです。
子供が大学生に行ったこともあり食事を外で済ませてくることもあります。
そんな時夫婦2人でご飯を作ったところで余ってしまうと思い、外食に行きます。

その外食先は大型ショッピングセンターのフードコートだったり100円の回転ずしだったりします。
大型ショッピングセンターのフードコートに行ってもステーキ屋さんとかは値段のチェックをするだけで基本スルーです。
だいたい1人600円くらいで抑えます。

回転ずしでもそうです。回転していない寿司屋にたまには行こうよという会話をしながら180円の
寿司は全く注文しないで100円のみをひたすら食べます。
1皿2個あるのを1つずつ食べることでたくさんの種類を食べられることを喜んでいます。
他でもそうです。
旅行は基本マイルを使っていきます。その為普段の買い物はコンビニのちょっとした買い物でもクレジットカードを使います。
還元率の良いクレジットカードの話にはとても敏感です。海外でも高級ホテルのラウンジが使える部屋を自分たちで予約し泊まりますが、
いかにお値打ちに高級ホテルに泊まるかをいろいろ検索し探しまわります。

そうなんです。
金銭感覚が合う夫婦はうまくいくと言いますが、私たち二人はセコイというところで金銭感覚が合います。
夫婦の自慢話は、こんな高いものを食べたとか買ったではなく、こんな高いものをこんなにお値打ちに食べれたとか
買えれたという話で盛り上がります。良い物は惜しまずお金を払いますが普段は今まで通りセコく生活していこうと思っています。